Japan(ジャパン) Consuting(コンサルティング) Firm(ファーム)設立趣意書

日本の中堅企業が苦しんでいます。

ビジョンを見失い踊り場で立ちすくむ企業
戦略を持たず闇雲に価格競争に走り疲弊する企業
PDCAが回せず組織として機能していない企業
ヒトを育てる余裕がなく人財不足に悩む企業
売上偏重で資金の流れが読めずカネ繰りに日々追われる企業

どの課題も奥深くで複雑に絡み合っており、いずれか1つの問題だけを解決しても根本的な解決にはなり得ません。踊り場を脱するためには、ビジョン、戦略、組織、ヒト、カネ、この5つを流れで捉え、トータルで改善していく必要があります。

私はこの流れを『5つ星企業(カンパニー)の経営フロー』と名付けました。

踊り場で停滞している企業はこの『経営フロー』がどこかで目詰まりを起こし上手く流れていません。この流れをスムーズに変えることが我々経営コンサルタントの本来の仕事だと私は考えます。

そのためにはどこで目詰まりを起こしているのかを総合的に診断する必要があり、これが出来るのはプロフェッショナルが集うことで実現する総合診療型General(ジェネラル) Consulting(コンサルティング)です。

総合診療型General(ジェネラル) Consulting(コンサルティング)とは、企業に真摯に向かい合ってきたプロたちの経験とノウハウを結集し、独自に開発した「企業分析ツール」により経営フローを滞らせている問題点を探り当て、成長段階に応じカスタマイズしたコンサルティングメニューを組み、各分野のプロフェッショナルが一体となり問題解決に挑むJCFオリジナルのコンサルティングスタイルのことです。

このコンサルティングスタイルは幅広い専門力が必要なため単独のコンサルタントではやり切れません。また、王道であるが故に手間暇がかかり、多くのコンサル会社は進んでやろうとはしません。

ですが、私たちはこの王道にこそ日本の企業が再び世界で光り輝くヒントがあると信じています。だから、JCFはあえてこの手間暇がかかる王道に挑みます。

高校野球の名門、池田高校の蔦監督がこんな言葉を残しています。

人生に近道なし、人生に悲観なし

蔦監督の言葉をお借りし私はこう考えます。

経営に近道なし、経営に悲観なし

近道はないが悲観する必要もない。
踊り場でもがき苦しんでいる企業はたくさんいます。彼らが歩むべきは「近道」ではなく「王道」であり、持つべきは「悲観」ではなく「輝く未来」であるべきです。

「王道」と「未来」

この2つを日本企業に手にしてもらうこと、それが我々JCFの究極の使命であり、これが実現出来た時、日本企業は再び世界で光り輝く存在になれる、そう私は確信しています。

我々は社外にはいながらもクライアントと心をひとつにする社外参謀として「傍観者」ではなく「変革の能動者」として一緒に汗をかいていきます。

ぜひ一緒に、「王道」の先にある「輝く未来」を手にしましょう

TOPに戻る